初めての飛行機!ANAで国内旅行

2017/10/01   -ANA, 旅行記
 

初めてなので信頼のある有名な航空会社をチョイス

初めての旅行の飛行機はANAを選びました。皆さんが良くご存知の有名な航空会社なので、安心して利用できるのでは?というブランドを信じてのチョイスとなります。これは全くその通りでした。ANAを選んでよかったです。「予約番号はなんですか?」という初心者丸出しの情けない質問に対しても、笑うことなく親切に教えてくださいました。

声はちょっと笑っていましたけど、馬鹿にするような笑いではなくて、親切なほほえみっていう感じなので、いやな思いは全くしませんでした。そのほかにもいろいろ心配で、いつ頃空港に行けばいいのか、荷物の大きさはなど、やさしく説明してもらえましたので、心配性の私でも安心して旅行の準備ができました。わからないことは、聞けば大丈夫です。

ネットって便利!いつでも確認できます。

今回は、すべてANAウェブサイトでチケットの予約、座席指定を済ませました。こちらも簡単です。シニア割引やスカイメイトなどはWEB予約できず、当日空港の自動発券機を使って購入するそうですが、今回は使わないのであらかじめ購入しておけました。予約番号の控えを忘れて、電話で確認しましたが、WEBでいつでも確認できると教えてもらい一安心でした。

搭乗後、一定の時間が経過すると確認できなくなるそうなので、念のため、便名と予約番号は控えておくのが良いかと思います。個人旅行の場合は、自己責任になりますので。

ちなみに、旅行会社などでチケットを購入する場合には、旅行会社から予約番号を教えてもらうことになるそうなので、気を付けるといいですね。

いよいよチケット購入して搭乗

ANAの場合は、空港カウンターと自動チェックイン購入機のいずれかで発券が選べますが、新しいものにチャレンジするのが好きなので、自動発券機を使ってみました。予約番号を入力してサクッと発券できます。ちなみに、スーパーなどでもセルフレジを使うタイプです。

それはさておき、スキップサービスという、直接保安検査場に行ってOKというサービスもあるようです。今回は荷物を預けたかったので利用しませんでしたが、身軽な時にはスキップサービスはぜひ利用してみたいと思います。

あとは、20分前をめどに搭乗口に行って無事に出発です。初めてという感じで終始ぎこちない私でしたが、スタッフの方に気持ちよくあいさつされ、無事旅立つことができました。

格安航空券vs大手航空券

今回の旅行でもっとも悩んだ点は、航空券のチケットを格安でとるか、またはANAやJALの様な国内大手航空券で予約するかです。
これは皆さんも一度はあるのではないでしょうか?どちらにもメリットとデメリットがありますが、今回私が予約したのはANAでしたが、最後の最後まで悩みに悩んで結果でした。

格安航空券にしなかった一番の理由としては、たくさんの航空会社があり、正直どれを選べばよいか悩んだからです。今回はANAについての記事でしたが、次の旅行は格安航空券でとると決めていますので、その際はまた記事にしてみようと思います。

シカゴでしか味わえない絶品グルメ旅!

2018/03/24   -ANA, 旅行記

イリノイ州最大の都市「シカゴ」は、ミシガン湖に面したアメリカ3大都市の中の1つです。
ロサンゼルスやニューヨークのような馴染みはありませんが、実はアメリカ有数のグルメ都市でもあります。

シカゴならではの絶品グルメから多国籍料理どちらも楽しめるので、シカゴへ訪れた際は、ぜひお立ち寄りください。

 

日本では味わえない「モートンズ」のステーキ

シカゴ料理と言えば、「ステーキ」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?
シカゴ発祥の「モートンズ」はアメリカの老舗ステーキハウスとして有名なお店です。

国内でもわずか2%しか手に入らない最高級ビーフを独自製法により23~28日間じっくり熟成させた本場プライムエイジドビーフと言われています。
弾力があるにも関わらずほど良い柔らかさがあって、噛みしめる度にジュワーっと肉汁が溢れ出します。
中でも「シカゴスタイル プライム ボーン イン リブアイ」は、赤身と脂身のバランスが絶妙で、骨付きならではの熟成肉の旨みが何とも言えません。

 

キッシュのような「GINO’S EAST」のピザ

ピザはシカゴを代表するB級グルメですが、「GINO’S EAST」のディープディッシュピザは、通常のピザよりも分厚い生地でできているので、非常に食べ応えがあります。
深い鉄鍋にパイ生地を敷きその上に、チーズやたっぷりの具材をのせて焼き上げます。

焼き上がるまで少し時間がかかるので、その間に定番のマルゲリータを堪能しておくのもいいかもしれません。

 

シカゴ発祥の「ギャレットポップコーン」

日本で大人気の「ギャレットポップコーン」の本場の味を楽しみたい方は、シカゴへ訪れた際にぜひ味わってみてください。

オリジナルフレーバーやキャラメル&チーズなどソルティな味を試せるのも、シカゴならではの魅力です。
日本ではいつでも行列ができていますが、シカゴでは並ばずにすぐ購入することができます。

おわりに

シカゴには「ランドルフストリート」というグルメ商店街があり、最新のグルメから人気グルメなどが食べられるレストランが集まっています。
ワンランク上のシカゴの旅を味わってみたい方は、ANAの海外旅行ツアーがおすすめです。

搭乗手続きの際には、予約番号が必要になるので搭乗日まで準備しておきましょう。