ANA予約番号

予約番号がなくなっても心配しない方法

投稿日:

予約番号の必要性と意味

多くの航空会社では予約手続きを行うと予約番号が発行されます。ANAを予約したときにも同様であり、予約手続きが完了した時点でメールや書面などで予約番号を通知されるのが一般的です。予約番号を発行するのはANAにとっては必須になっています。ANAとしては個々の予約を管理するための番号として活用しているからです。

また、予約番号は本人にしか通知されないセキュリティー性のある番号なので、本人確認を兼ねて利用してもらうことができるという点で優れています。そのため、予約する度に毎回異なる番号を交付する仕組みになっているのです。しかし、利用者としては万が一の事態に備えて予約番号を控えておくのは手間になりがちです。

マイレージ会員になることで解決可能

実はANAの場合にはマイレージ会員になることで予約番号を控えておく手間がかからなくなります。ANAは顧客番号としてマイレージ会員には番号を付与していて、これに基づいて顧客がどのようにフライトを利用しているかを管理しているからです。マイレージ会員番号も個人に対して一対一の関係で付与されているもので他人が覚えている可能性も低いことから、ある程度のセキュリティー性もあります。これをIDとしてパスワードも設定すればセキュリティーについては問題がないでしょう。

そのため、ANAでは予約番号が必要な場合にもマイレージ会員番号とパスワードで代替できるようにしています。対面の場合にはカードそのものでも対応してもらえるので予約番号を控えなくても大丈夫になるのです。

データがあるから大丈夫という考え方の問題点

予約番号は予約確認メールが届いたときに記載されているからデータとして残っているのでいつでも調べられると思っていると失敗することがあります。私もメールがあるからいつでも参照できるので、あえて紙媒体としてメモしておく必要はないと考えていました。しかし、海外に行ってネットワーク環境がない状況で予約変更をしようと考えたときに予約番号を手配できずに苦労したのです。

ホテルのPCにはセキュリティーがかかっていて個人のメールは使えないようになっていたため、調べる方法がなくなってしまったのが問題でした。ポケットwifiを持っていれば問題なかったのですが、そもそも予約確認番号を控えておけばそれで済んでいたでしょう。ANAのカウンターに行って予約変更をする手間がかかってしまったので、それ以来、紙媒体で予約番号を持ち歩くようにしています。

-ANA予約番号

執筆者:

関連記事

ウェブ上での手続きに欠かせない予約番号

予約確認システムで必要な予約番号 ANAでは予約確認システムをウェブ上で利用することができます。フライト時刻や日にちの変更のように大きな手続きもウェブサイトにアクセスすると簡単な操作で手続きをすること …

ANAによって発行される予約番号についての基礎

予約番号の発行の規則 ANAで発行される予約番号は原則として一つの予約の中に含まれている一区間のフライトに一対一で対応しています。予約一つに対して一つだと勘違いしてしまいやすいので気をつけなければなり …

またやってしまった・・・2度目の予約番号紛失ミス!

家族での韓国旅行 先日家族で、韓国旅行に行った時のことです。搭乗手続き前に予約番号の書いてある領収書をどこかに紛失してしまったんです!自動機でチェックインする時に必要なので、大事に持っていたはずなんで …

覚えていると便利ANAの予約番号

予約番号はどこで知ることができるの? インターネットでANAの航空券を購入した場合。購入が確定した際、最後に表示される購入内容の確認画面で予約番号を知ることができます。予約番号を紙に控えるという方法も …

予約番号を照会するだけで、いつでも予約の確認が出来る

航空券をネットで予約する 結婚することが決まり、婚約者の実家がある福岡県に行ってご両親に挨拶に行くことになりました。私は実家住まいなので私の両親への挨拶は終わっていて、了承も得ています。ですが彼のご両 …